インド デリー・プネの旅 2001

ホームへ戻る Back Next


9/3(月) プネ市街の単独行動 その1

 仕事は先週で終わり、今日、明日と危険な単独行動である。 今日はリキシャでパールヴァティ寺院とラジャ・ディンケル・ケルカル博物館を回る。 とりあえずパールヴァティ寺院にいくにはリキシャでいくらほどかかるのか確認したい。 私は900ルピーしか現金がない。 フロントでたずねると最高でも70ルピーらしい。 往復してもお金の心配はいらない。 ホテルは気を使ってリキシャを呼んでくれた。 これが災いのもとではあったが。

 最初にパールヴァティ寺院にいった。出発時にはリキシャのメータは2100になっていた。 リセットしていないんじゃないかと思ったが下の桁が00だし、とりあえず初期値を記憶した。

 パールヴァティ寺院についてお金を払おうとすると、運転手は 今日一日チャーターして450ルピー だなどとぬかす。 おっ、いよいよ始まったな。 ふざけんなぁ、ばかやろう。 俺はチャーターなどしていないし、ここまでは最高でも70ルピーだとホテルの人に聞いている。 往復しても140ルピーだ。 450も払わないといった。


 リキシャはチャーターなのでメータは動いていない、だからメータの数字は無効だという。 ぐだぐだぬかすのでホテルで聞いた最高額の70ルピーを払うからあとはどこへでも行けといった。 するとここからは客なしで走るので無駄になるという。 そんなことおまえの都合で俺には関係ない。 こちらが強気に出たので、じゃあホテルについたら好きな金額を払ってくださいという。 そんなこといわれてても適正な金額がわからないからだめだ。 いろいろすったもんだして、総額200ルピー払ってやるといった。 リキシャの運転手は250にしてくれといった。

 最初が450で250まで下がった。 本当はこれでも少し高めだ。 10倍すると2500円の感覚だ。 これくらいにしておくか。 時間ももったいないし。 私はホテルについたら250払うことを確認し、パールヴァティ寺院に入った。

Back Next