ラスベガス・グランドキャニオンの旅

ホームへ戻る Back

 今夜はベラージオでオーのショーを見る。 そろそろ近くに移動しようということでシーザーズパレスの中のフォーラムショップに行った。 目的はルイヴィトンだが、当然私にはなんの興味もない。理由はおのずと知れよう。
 まず値札がついていない。そしてどれも鍵付きのショーケースに入っている。 その「よそと同じにしないでほしい」といったお高くとまっている態度が全く気にくわない。 そして小さい金色の ボールペンが$160 だと。ボールペンの許容範囲は最大$5だぁ。 私は瞬間湯沸かし器になったが、顔は平然としていた(つもり)。
 画像の石像は、機械しかけで動いて、ちょっとしたショーをする。通路にあるので当然無料。

 なんとか集合して、オーの開演前に夕食をとる。ベラージオの中華レストラン ジャスミン にはいった。ドレスチェックがあったが、短パンでも横の小さい部屋でオッケーということだった。
 出てきたチャーハンを食べた。口に広がる香ばしさ。 ウマーイ 。ついにおいしい店に当たった。恐るべし中華料理。
 肉料理もうまかった。 ジャスミンの香りがついて、最初は違和感があったが、食べるうちにその香りとほのかな甘みがなんとも言えない。
 大満足の夕食であった。
 本日のオプション、オーを見た。人間の技と舞台装置どちらも見事で、圧倒される。 水を使ったサーカスというところか。人気があるので満席だった。
 最後にベラージオの噴水ショーを見た。 10分おきにショーが始まり、曲にあわせて噴水がいろいろなパターンででる。 角度も変えられので、時にはひょうきんに、時には壮大に、実に表現力豊かである。
 道路で見るので、これも無料。